世界ノ全テ 世界ノ全テ

世界ノ全テ

 あらすじ

8年ぶりに帰ってきたこの地は、まるで異国のような情緒を感じさせた。

御室学園に転校してきた主人公「浩」は、かつての旧友達と謎めいた雰囲気
を持つ少女「智子」と出会う。

繰り返される日常の中で強まる絆は、彼らを非日常の世界へと疾走させた。
あの冬……彼らは傷つきながらも、何を得、そして何を失ったのか。

痛々しいまでにぶつかり合う感情と、切ない恋模様…
そして誰もが”あの頃” を思い返す。

大切な時間……大切な人……大切な想い……
思春期の少年少女を描いた、長編青春アドベンチャーゲーム「世界ノ全テ」

その世界は決して広大なものではなく……狭く、未熟なものだった。

 キャラクター
世界ノ全テ キャラ1

小西智子(こにし ともこ)

浩より一週間早く転校してきた少女。
他人に対して興味を持っておらず、浩に輪をかけて無口。
そのため、周囲から謎めいた存在としてクラス内では完全に浮いている。
裕福な家庭に産まれ、何不自由の無い生活であったが、親からは全く愛されていなかった。
双子の姉、玲子が数年前に病死して以来家庭内の不和が続き、
父親は歪んだ愛情を智子に向けるようになる。
玲子の死後、半ば逃げ出すような形で智子は家を出て祖母の元へ。


世界ノ全テ キャラ2

草薙ほのか(くさなぎ ほのか)

姉の強い勧めで軽音部マネージャーをしている。
引っ込み思案だが人当たりは良く、周囲にあわせるのが得意。
また、世話好きで意外と頑固な部分もある。
目立つのが嫌。
化粧っけがなく地味。
自分の大きな胸にコンプレックスを持っているせいかいつも前かがみ。


世界ノ全テ キャラ3

櫻井まりも(さくらい まりも)

浩の後輩で村上瑞樹の同級生。
軽音部に所属しており、ベース担当。
ベースを教えたのは同じ軽音部の中井戸であり、そのこともあって彼を師匠と呼ぶ。
何にでも興味を示す、背伸びしたがりの子供のような性格。
浩にすぐに興味を持って付きまとう。
彼女の家は共働きで、ほとんど家におらず、長くに渡ってかぎっ子だった。


世界ノ全テ キャラ4

村上瑞樹(むらかみ みずき)

村上秀一の妹。御室学園の1年生で櫻井まりもとは同級生。生まれつき心臓に重い病気を患っており、時折その発作に苦しんでいるが、日々を強くいきようと頑張っている。その見た目のわりにしっかり者。
軽音部員ではないが、しょっちゅう部室に入り浸っている。


宮本浩(みやもと ひろし)

本編の主人公。
どこかすねた雰囲気を持ち、周囲のクラスメイトからは一歩引いたスタンスを取っている。
幼い頃はこの地域(関西)に住んでいたのだが、8年ほど前に東京へ転校していった。
そのため喋る言葉は関西弁ではなく、周囲から浮く要因の一つとなっている
できの良い兄がおり、彼に両親、周囲の期待をすべて奪われており、自分は家族にとっていらない人間なのだと思い込んでいる。
後に音楽的才能があることが分かり、中井戸やまりも達とつるむようになる